1. TOP
  2. 研究!“出会い道”

ポリシーを持って相手を探す

出会いを確実に手にしたいがために不特定多数の人にアプローチする人はいませんか?

しかし、出会いを手にする人は、節操なく相手を探すことはしません。少なくとも何のポリシーもなく色んな人にアプローチすることはあまりないようです。
その理由として、

  1. 誰でもいいということはなく、出会いの目的に合った人と出会いたいから
  2. 色んな人とやり取りすると中途半端になってチャンスを逃しかねないから

この2つを大多数の人が挙げています。

では、次にその中から実際に選ぶにあたって重要なポイントです。

まず1について。
これは相手の立場から考えても明白ですよね。「誰でもいい」というような人は例え会話やメールのやり取りに直接的に表現されていなくてもわかるものです。それに、なんと言っても「目的があって」出会い探しをするわけけですから、これは守りたいポリシーです。

次に2について。
これは意外と多くの人が陥りやすい部分です。誰でも、やり取りする相手が誰かちゃんと把握してやり取りしているつもりです。でも、考えてみてください。「ネットでの出会い探し」は最初の数回のやり取りは誰が相手でも共通する部分が多いですよね!?
例えば、「自己紹介」、「軽い世間話」などなど。同じ話題を違う相手に振ることも十分にあり得る話です。そんなやり取りを数人の人と同時に行っていたら?相手の名前を間違ったり、相手を間違って同じようなメールを2回送ってしまったりする可能性は低くありません。

出会い探しの成功者はこのことにも十分に注意を払います。せっかくのチャンスをこうしたミスで台無しにすることがないように余計な事は始めからしない方がいいとの考えからの行動です。それに、一人の人とじっくりやり取りする方が、やり取りに集中できる分成功率は高くなります。

彼等に共通しているのは、皆非常に思慮深いということ。自分のためにしっかりと考え、行動を選択することはどんな局面でも大切なポイントです。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ