1. TOP
  2. 予備知識

個人情報収集目的の業者の事例

アドレス非公開のサイトを使っていると、いずれかの時点で相手と個人的な連絡先を交換することがあるかと思います。しかし、ここでも注意が必要です。例を用いてわかりやすく説明すると、

例)
「気軽にメールアドレスを教えたはいいけど、相手からは一向に連絡なし、それどころか身に覚えのない料金請求のメールやサイトの勧誘らしきメールがやたらと届くようになった。」

これはそうした詐欺請求や勧誘のメールを送りつける悪質な業者が会員に成りすまして個人情報の収集を行っているケースで最近増えている事例です。

対処方としては以下の通りです。

  • 連絡先を交換するときは相手を慎重に見極めてから教える。
  • 連絡先を相手に教えた後に請求メールや電話が異常に増えた場合はサイトに報告・相談する。
  • 憶えのない請求メールに関しては気軽に返信したり、電話をかけなおしたりしない。
  • うかつに住所などの個人情報を相手に伝えない。
  • 利用サイト名を自分から言わない。
  • あまりにもしつこいようだったら警察や消費者センターに相談する。

いずれにしても、実害が出てからでは「不注意だった」では済まされません。予備知識として頭の片隅に入れて出会い探しをするべきでしょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ